なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

このブログについて

当ブログでは、管理人である なにわの怪談師 れんれんが SNSのフォロワー様や、YouTubeの視聴者様、 個人的な知り合いから聞いた 実際の体験に基づいた不思議な話や、 管理者自身が創作したオリジナルの怪談を ほぼ毎日発信していきます。 ブログに書いてい…

短編怪談 #87 「さっきのお兄さんは?」

これは霊感の強い ゆーたろーくんのお話。 ゆーたろーくんは お酒が好きでよく1人で 飲みに行くらしいのですが 普段から霊感の強い彼は酔うと 今目の前にいる人が 生きている人なのか 死んでいる人なのか 分からなくなるそうです。 普通に会話したり 一緒に…

短編怪談 #86 「これ誰の?」

これは霊感の全くない人が体験した 不思議な出来事です。 その方は昔からどんな心霊スポットに行っても なにも感じないというとても鈍感な方でした。 そんな彼は大学に入ってから 一人暮らしを始めたのですが その初日からおかしなことが 起き始めたのです。…

短編怪談 #85 「豹変する子供」

知り合いが体験したお話をしますね。 その知り合いを仮に木村さんとします。 木村さんは昔から子どもが苦手で 特に公共の場で騒ぐ子どもたちには 容赦なく怒鳴りつけていたそうです。 そんな日々を送っているものですから ときどき怒鳴りつけた子どもの親と…

短編怪談 #84 「メガネのおじさん」

先日、知り合いの看護師から聞いた話。 その方が勤めている病院では 毎日夜中の3時に “メガネのおじさん”の霊が徘徊するらしいのです。 彼女の名前を仮に桃子とします。 桃子は新人で、はじめの頃は その“メガネのおじさん”が幽霊だということを 教えてもら…

短編怪談 #83 「Yくんに憑いた霊」

僕の友達、Yくんは霊感が強い。 そんなYくんの自宅の寝室は いわゆる霊道になっているらしく、 お盆の時期には大勢の成仏した霊が現れるらしい。 それが今年はどういうわけか お盆の時期を過ぎても現れなかったのです。 少し気にはなっていましたが そういう…

短編怪談 #82 「知り合いのアパート」

これは、つい先日 知り合いのアパートに行った時の話です。 ちょっとした仕事の打ち合わせで 知り合いの高田さん家に行くことになりました。 高田さんの親はアパートを所有していて そのアパートに高田さん家族は住んでいます。 打ち合わせ当日、僕は初めて …

短編怪談 #81 「Yくんのお姉ちゃん」

これは僕の友人であるYくんの話。 というかそのお姉ちゃんの話という方が 正しいでしょうか。 Yくんとはもう十年以上の仲で 今でもたまに遊びに行くほど仲が良いです。 そんなYくんのお姉ちゃんは ちょっと変わり者で、 いわゆる“見える体質”なんだそう。 最…

短編怪談 #80 「真夜中の銭湯」

僕は書家という仕事柄、 地方によく出張に行くのですが その際に銭湯に行くことが結構あるんです。 シンプルにお風呂が好きだなぬいむおたしむきめさ というものありますが、 一度ホテルのお風呂で怖い思いをしたので それ以降、狭いお風呂が苦手なんです。 …

短編怪談 #79 「京都の某所」

京都の某所に行った時のこと。 そこは観光地としての人気もかなりあるので 場所は絶対に言えないんですけど その時は霊感の強い友達と行ったんです。 2人で意味もなくブラブラしていると 「ここあかんわ…」と言い出しました。 僕はそいつとの付き合いも長く …

短編怪談 #78 「小学校の肝試し」

「夏といえば」 みなさん、夏といえば 何を思い浮かべますか? 海、プール、スイカ、肝試し… これは数年前の肝試しで起きた ちょっと不思議なお話です。 数年前の8月某日 その日は小学校で肝試しでした。 怖がりのたけしくんは 参加したくなくて 仮病を使っ…