なにわの怪談師 聞いてみん怪の短編怪談

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #12 「起き上がりこぼし」

親戚から聞いた話。

親戚が学生の頃、

自宅のアパートの踊り場で

たむろしていたら、

向かいのアパートにロウソクの火のような

灯りが見えた。

 

その中に人影があった。

不思議な感じがしてよく見ると、

その人影は起き上がりこぼしのように

右へ左へゆらゆらと揺れていたらしい。

 

しばらく見ていると左右の揺れから

縦揺れに変わり、その瞬間に後ろに倒れた。

 

そのままロウソクの火のような灯りも

フッと吹き消されたように消えたという。

親戚は怖くなってすぐに帰ったそうで

それからは見てないそうです。

 

 

_________________________________

 


YouTubeで怪談語ってます。

リンクはコチラ↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCwpXFe_sMATtEJxMq0evU3g