なにわの怪談師 聞いてみん怪の短編怪談

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #20 「人の最期」

僕は人の最期が分かることがある。

ある日近所のおばあさんが亡くなったんですが、

その時は亡くなる前日に

そのおばあさんの家から線香の匂いがした。

何年か前、友達の友達が亡くなったときは

その1週間前にその人の夢を見た。

最初の頃は偶然だと思っていたけど、

ついこの前、それは確信に変わったんです。

夜寝ていると突然、金縛りにあいました。

やばいと思いつつも、動けずにいると

目の前に何年も会ってない同級生が現れました。

その同級生は号泣しているような顔で、

こっちをまっすぐ見てきます。

思わず「ど、どうした?」と声にならない声で

尋ねましたが、その同級生は

そのまま消えて行きました。

 


次の日、クラスの奴からLINEで

「〇〇が昨日亡くなったらしい。」

と連絡が入りました。

妙な力を持ってしまった自分はこれからどうすればいいんでしょうか。

 

 

_________________________________

 


YouTubeでも語ってます。

リンクは↓↓

https://m.youtube.com/c/なにわの怪談師聞いてみん怪