なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #27 「与吉の國」

某県の山奥には謎の看板があるという。

その看板には「与吉の國」と書いてある。

その昔、与吉という僧侶が

当時そこにあった村を災いから救ったのだとか。

それでその村の英雄となった

与吉は村民に愛されてこの看板が作られたそうです。

ただ、この話にはこんな噂もあります。

それは、実は災いの根源は全て与吉だったという噂。

与吉が全てを作り上げ、

村を意のままに

自分の物にしようとしたらしいのです。

実際のところ、

なにが事実なのかはわかりませんが

与吉の死は悲惨なものでした。

1人の村民にナタで滅多刺しにされたのです。

そしてその村民も直後に自殺しました。

その際に「与吉のせいだ」と言い残したそうで、

例の噂はそこから生まれたんだとか。