なにわの怪談師 聞いてみん怪の短編怪談

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #29「拾ったイヤホン」

イヤホンにまつわる怖い話。

友達が先週、

ショッピングモールのフードコートで

イヤホンを拾ったそうです。

 

よくないとは分かりつつも、

かなり綺麗な状態だったので

そのまま持ち帰ることに。

 

その夜、異変が起こりました。

 

彼が住んでる家は3階なのですが、

何故か窓からノックか聞こえました。

 

最初は聞き間違いかと思い、

無視したそうですが、

何度も聞こえるので覗いたそうです。

 

でも何もいない。

その日は特に

それ以上何かが起こるということもなく、

次の日になりました。

そして仕事に行く際に

例のイヤホンを耳につけ、

電車に乗ります。

しばらく聴いていると

ザザッというノイズが聞こえました。

「不良品やったんかな?」と思いつつも、

気にせず聴いていると

次は低い男性の声らしき音が聞こえました。

聴いている曲にはそんな音など入っていません。

「ザザッザザッ…ぇせ…」

ノイズと謎の声はだんだん酷くなり、

流石に怖くなった彼はイヤホンを外しました。

気を紛らわすために窓を眺めていると

バーンッ!

窓に衝撃がありました。

よく見ると、窓の端に手がありました。

 

思わず「ヒィッ」と声を上げると、

周りから変な目で見られました。

 

なぜかその手は自分以外の人には

見えていないようです。それどころか、

さっきの衝撃すら感じていないようなのです。

どうも、イヤホンが原因っぽいなと察した彼は

その日の仕事終わり、近くの寺に

相談に行ったそうです。

あったことをそのまま話すと

住職はなんとも言えない顔をして、

そのイヤホンを引き取ってくれました。

 

もしかしたらイヤホンを返して欲しい

誰かの念が飛んできたのかもしれません。

 


それ以来、妙なことは起きていないそうです。

皆さんも拾い物にはご注意を。