なにわの怪談師 聞いてみん怪の短編怪談

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #35 「ミニバンで心霊スポット巡り」

ミニバンっていいですよね。

7人乗りや8人乗り、

大人数が乗れる車は本当に魅力的です。

ただ、多くの人が乗れる分、

知らぬ間にメンバー以外の誰かが

乗り込んでいる可能性もあるのです。

僕の先輩Kは、数年前、ミニバンを愛車として

大事にしていました。先輩は良く言えば陽気な人、

悪く言えばお調子者なタイプで、

よく「心霊スポットに行こや!」と言う人でした。

その時も、いつものように

心霊スポットに行きたいと言い出し、

ほかの先輩や僕の同級生も連れて5人で行きました。

最初は大阪の南にある、某結核病院に、

その次は某ダムのトンネルに…と

心霊スポット巡りのようなことをしました。

1箇所ごとに、サイトに書いてある

「これをやると心霊現象が起きる」みたいなのを

試したり、車から降りて写真を撮ったりして、

真夜中の心霊スポットで騒ぎまくってました。

そして時刻は午前2時ごろに、、、。

メンバーは「丑三つ時や!」と

またテンションが上がります。

午前2時と言えば心霊現象のゴールデンタイムです。

メンバーの1人が、動画を撮影し始めました。

「えー、今回は大阪府某所にあります、こちらの…」

と謎のリポートを始めました。

あほやなぁとみんなで笑っていると、

その動画を撮影しているメンバーが

急に顔を強張らせました。

そして「帰ろ!」といきなり言い始めたんです。

え?どしたん?とみんなは不思議そうに尋ねます。

でもそいつは答えません。

とにかく帰ろうとしつこいのです。

先輩Kが「おい、どうしてん?」と聞くと、

あとで話すと返事をし、黙り込みました。

仕方がないので心霊スポットを離れ、

数キロ先にあるコンビニに立ち寄りました。

みんなが口を揃えて

「どしたん?なにがあった?」と聞くと、

さっき撮影した動画を見せてきました。

そこにはメンバーが陽気に騒ぐ様子がありました。

「これがなんなんや?早く言えよ!」

他のメンバーもさすがにイライラし始め、

問い詰めると「もうすぐわかるから」と言い、

動画を見せ続けます。動画を見ていると、

あることに気づき、

メンバー全員の背筋が凍りました。

その動画内には、人が5人いたんです。

 

 

_________________________________

 


YouTubeで怪談語ってます。

リンクはコチラ↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCwpXFe_sMATtEJxMq0evU3g