なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #49 「昼の学校の怪談」

知り合いの子ども、

A子が学校で体験した話。

その学校にはまさに“学校の怪談”みたいな

噂が多くあります。

例えば「夜中にプールへ忍び込むと、

溺れている女の子がいる」とか

「深夜2:15に階段の鏡を覗くと自分の姿だけが見えない」みたいな感じで

基本的には“夜”の話なのですが、

A子が体験した話というのは、

それとは真逆の昼のことでした。

夏のある日の昼休み。

A子は廊下で涼んでいました。

すると、どこからともなく

ピアノの音が聴こえてきたのです。

A子は「練習でもしてんのかな?」と

思っていたそうです。

しばらく聴いていると、

そのメロディはだんだん早くなり、

突然 ババーンッと手のひらを叩きつけたように

酷い音が響き渡り、

音は止みました。

それと同時に昼休みは終わり、

授業にもどりました。

ノートを写していると、

また例のピアノの音が聴こえてきました。

A子は隣の生徒に

「これ誰か練習してんのかな?」と

聞くと「なにが?」と返ってきました。

A子は「ピアノの音!聞こえてるやろ?」と

強めに言うと「そんなもん聞こえへんよ。耳おかしいんじゃない?」とからかわれました。

A子の耳にはずっと響いてます。

その音はどんどん大きくなっていきました。

次の瞬間「こっちおいで」と

耳元で囁き声が聞こえてきました。

思わずA子は悲鳴を上げると、

教室内がざわざわしました。

「A子どうした?」と

先生も心配そうに駆け寄ります。

A子は何故か駆け寄ってきた先生を

「やめて!」と突き飛ばしました。

そのときA子には

その先生が“女の子”に見えていたと言います。

先生が倒れ込んだと同時に、

A子は正気に戻りました。

「なにがあった?」

先生はあまりに様子が

おかしいA子に尋ねてきました。

A子は事の流れを説明しました。

すると、先生たちの間だけで噂になっていた“昼”の怪談があったのです。

それは、

黒髪でショートの女の子にだけ見える

少女がいると。

その正体はおそらくは

20年前に学校内で自殺した女の子の霊だろう。

と言われているそうです。

___________________________

 


なにわの怪談師 れんれんです。

 


怪談イベントに出演したり

YouTubeで動画上げたり

月一ラジオのパーソナリティをしたりしてます。

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn

 


今までの怪談を集めた電子書籍を

Amazonにて販売してます。

https://is.gd/JOWocg

 

 

 

睡眠BGM、作業用BGMにオススメな長尺動画

 


https://youtu.be/MiJvlU-3qPI

 


https://youtu.be/vUN-SEfAFKg

 


https://youtu.be/lGFoL8hRFXc

 


https://youtu.be/e6Yem5CsUK4

 


https://youtu.be/D4WKvV-TXk4

 

 

 

皆さまが体験した怖い話、不思議な話も

募集中でございます。

詳しくはTwitterのDMまでお願いします↓

https://mobile.twitter.com/kiiteminkai

 

 

 

【提供、ご協力】

 


『BGM提供』

バシヒデ様

http://Bashihideblog.com

 


open the case様

https://twitter.com/openthecase820?s=21

 

 

 

『撮影協力』

枡sara様

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23073727/

 


NFRSラジオ様

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn