なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #57 「声が聞こえる木」

近所の山に、

声が聞こえる木があるという。

時間はいつも午前2時。

丑三つ時はいろいろあるって言うけど、

関係があるのかないのか…。

そんな噂の存在を知ってから数日後

実際に声を聞いたことが

あるという人と出会った。

 


その人はある日、

仕事の帰りに例の山を

車で通ったとき、

何故か途中で、

「こっちに進まなくてはいけない」

と思い、帰り道とは逆の方へ進んだそうです。

自分の意思や、気持ちは

帰りたいと思っているのに

妙な使命感のようなものに駆られ、

ずっと一定の方向に進みました。

そしてそのまま何かの力に

操られるように

車を降りて歩き始めたそうです。

山奥なのでかなり怖かったそうですが

なぜか体が言うことを聞かず、

たた進み続けました。

すると、行く先には

大きな木があった。

なんだこれ?と不思議に思いながら

見ていると、

「こわい…こわい…こわい…」と

聞こえてきました。

思わず体が震えました。

早くここから逃げなければ

そうは思うのですが

やはり体が言うことを聞かず

なぜかここに留まろうとするのです。

するとその木がだんだんと

近づいて来るような感覚がありました。

地面を見ても動いている感じはしないのに

なぜか木が近づいて来ます。

「こわい…こわい…こ…」

また声が聞こえてきました。

その瞬間、彼は思いっきり転びました。

「いってぇ…なに?」と

足元を見ると、木の根っこが

ぐるぐるに絡みついてました。

足にはトゲが刺さり、

血が滲んでました。

そこでようやく

体が動くようになったらしく

巻きついた根っこを

無理やり引き剥がし、

血まみれになりながら逃げました。

なんとか車にたどり着き、

エンジンをかけ、

猛スピードで山を下ったそうです。

そして近くにあったコンビニに行って

包帯や消毒を買い

車に戻ると、目を疑いました。

彼の車には無数の木の根っこが絡みついており

サイドミラーなんかは

根っこの絡みつく力で歪んでいたそうです。

 


結局その車は修理のしようがないため、

やむなく廃車になりました。

その際に解体して分かったことですが

普通にしてたら物が入るはずのない

エンジンルームの奥にも

手のような形の根っこが

絡みついていたそうです。

___________________________

 


なにわの怪談師 れんれんです。

 


怪談イベントに出演したり

YouTubeで動画上げたり

月一ラジオのパーソナリティをしたりしてます。

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn

 


今までの怪談を集めた電子書籍を

Amazonにて販売してます。

https://is.gd/JOWocg

 

 

 

睡眠BGM、作業用BGMにオススメな長尺動画

 


https://youtu.be/MiJvlU-3qPI

 


https://youtu.be/vUN-SEfAFKg

 


https://youtu.be/lGFoL8hRFXc

 


https://youtu.be/e6Yem5CsUK4

 


https://youtu.be/D4WKvV-TXk4

 

 

 

皆さまが体験した怖い話、不思議な話も

募集中でございます。

詳しくはTwitterのDMまでお願いします↓

https://mobile.twitter.com/kiiteminkai

 

 

 

【提供、ご協力】

 


『BGM提供』

バシヒデ様

http://Bashihideblog.com

 


open the case様

https://twitter.com/openthecase820?s=21

 

 

 

『撮影協力』

枡sara様

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23073727/

 


NFRSラジオ様

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn