なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #80 「真夜中の銭湯」

僕は書家という仕事柄、

地方によく出張に行くのですが

その際に銭湯に行くことが結構あるんです。

シンプルにお風呂が好きだなぬいむおたしむきめさ

というものありますが、

一度ホテルのお風呂で怖い思いをしたので

それ以降、狭いお風呂が苦手なんです。

まぁ、その話はまたいつかするとして

今回はそんな僕が行ったねる

地方の銭湯でのお話です。

 


その日、僕は

泊まってるところの近くのこじんまりとした

銭湯に行くこにくすしふとに他愛のしました。

そこは入ると

昔ながらの番台があり、

おばあちゃんが笑顔で迎えてくれました。

 


時間はもうすぐ夜中の12時。

遅い時間まですごいなぁ

と思いながらおばあちゃんに

お金を支払い、男湯のカーテンをくぐります。

脱衣室の中に入ると、

パッと見る感じ僕1人でした。

 


それなりに広い浴場なので

貸し切りか!とちょっとテンションが上がりました。

さっと服を脱いで浴場に入ります。

 


体を洗ってから、

ざぶーんと1人大浴場を楽しんでいると

ガラッと扉が開く音がしました。

「おっ、だれか入ってきた」と思って

迷惑にならないよう、静かにします。

 


しかし一向に人が入ってくる気配がありません。

あれ?と思い、扉の方を覗いてみると

誰も居ませんでした。

 


不思議ではありましたが

空耳だろうと思うことにし、

またひとり風呂を楽しみます。

 


すると、またガラッと扉が開く音がしました。

今度は絶対音がした!と思って

すぐに扉の方を見ました。

 


普通におじさんが入って来ました。

「なんだ…」という拍子抜けと

同時に安心感みたいなものがありました。

 


「ふーやっぱり銭湯はいいな。」なんて

独り言を言いながら20分ほど浸かり

そろそろ上がろうと湯船から出ると

あることに気づきました。

 


さっき入ってきたはずの

おじさんがどこにも居ませんでした。

扉が開けば中々に大きい音がするので

気づかないはずはありません。

しかし、洗い場や湯船にはおらず

サウナは外から丸見えの構造なのですが

そこにも姿はありません。

その奇怪な状況に鳥肌が立ちました。

 


僕は怖くなってすぐに浴場を出ましたが

脱衣所の鍵が僕のところ以外全て刺さっていたのと

その後、すぐにおばあちゃんが

片付けに入っていたのを僕は見てしまったので

あぁ、やっぱりこの世の人ではなかったのか…と

察し、さらに鳥肌が立ちました。

 


オチのようなものはありませんが

実際に体験した話です。

___________________________

 


なにわの怪談師 れんれんです。

 


怪談イベントに出演したり

YouTubeで動画上げたり

月一ラジオのパーソナリティをしたりしてます。

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn

 


今までの怪談を集めた電子書籍を

Amazonにて販売してます。

https://is.gd/JOWocg

 

 

 

睡眠BGM、作業用BGMにオススメな長尺動画

 


https://youtu.be/MiJvlU-3qPI

 


https://youtu.be/vUN-SEfAFKg

 


https://youtu.be/lGFoL8hRFXc

 


https://youtu.be/e6Yem5CsUK4

 


https://youtu.be/D4WKvV-TXk4

 

 

 

皆さまが体験した怖い話、不思議な話も

募集中でございます。

詳しくはTwitterのDMまでお願いします↓

https://mobile.twitter.com/kiiteminkai

 

 

 

【提供、ご協力】

 


『BGM提供』

バシヒデ様

http://Bashihideblog.com

 


open the case様

https://twitter.com/openthecase820?s=21

 

 

 

『撮影協力』

枡sara様

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23073727/

 


NFRSラジオ様

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn