なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #81 「ゆーたろーくんのお姉ちゃん」

これは僕の友人であるゆーたろーくんの話。

というかそのお姉ちゃんの話という方が

正しいでしょうか。

 


ゆーたろーくんとはもう十年以上の仲で

今でもたまに遊びに行くほど仲が良いです。

 


そんなゆーたろーくんのお姉ちゃんは

ちょっと変わり者で、

いわゆる“見える体質”なんだそう。

 


最初は信じていなかったんですが

十数年前、僕がまだ中学生のときです。

ちょっと怖い体験をしました。

 


その日はゆーたろーくんと遊ぶ予定だったので

家に行くと部屋に入るなりゆーたろーくんが

「お姉ちゃんが階段の踊り場の角に女の霊がいるからあんまり近づかん方がいいって。」

と言ってきました。

 


霊を信じてない僕は

「またまたぁww」と笑いました。

そして有ろう事か

帰りにそこの踊り場の角に向かって

「ほな、さいなら〜ww」と言って帰りました。

 


すると、翌日の学校で

ゆーたろーくんが血相を変えて僕に

「お姉ちゃんが怒ってる…お前なにしてん?家の中におるやんけ。って。」と言って来ました。

 


「え…?」

さすがの僕もちょっと焦りました。

ただ、意地っ張りだった僕は

すんなり信じるというのも嫌で、

また家に行くことにしました。

そして家に着くと、

小さな声でゆーたろーくんに

「どこ?」と聞きました。

すると、

「お姉ちゃんが言うにはこのへん。こっちを向いて睨んでるらしい」と

部屋の角を指差しました。

 


先日のことで反省していたはずの僕ですが、

当時は本当にアホで、何故かわかりませんが

「あ、ども!w」と

またふざけてしまいました。

 


「お前、どうなっても知らんぞ」と

真顔でゆーたろーくんに言われました。

 


翌日、その日は朝から

僕の体調が優れず、

学校へは行きませんでした。

学校が終わる時間になると

ゆーたろーくんからメールが来ていました。

「お前もしかしたら憑かれてるかもしらんで。お姉ちゃんが家に女の人がおらんって言ってた。」

と。

僕はめちゃくちゃ怖くなり、

とりあえず「どうしたらいい?」と聞きました。

「しばらく大人しくしとけ。もういらんことするなよ。」と返ってきました。

 


その後結局どうなったのか、

昔のことであまり記憶になく

オチのようなものはありません。

しかし、ちょうどその日から

肩が重たく首が痛い、気だるい日々が

続いたのだけは覚えています。

もしかするとあの時、

本当に憑いていたのかもしれません。

___________________________

 


なにわの怪談師 れんれんです。

 


怪談イベントに出演したり

YouTubeで動画上げたり

月一ラジオのパーソナリティをしたりしてます。

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn

 


今までの怪談を集めた電子書籍を

Amazonにて販売してます。

https://is.gd/JOWocg

 

 

 

睡眠BGM、作業用BGMにオススメな長尺動画

 


https://youtu.be/MiJvlU-3qPI

 


https://youtu.be/vUN-SEfAFKg

 


https://youtu.be/lGFoL8hRFXc

 


https://youtu.be/e6Yem5CsUK4

 


https://youtu.be/D4WKvV-TXk4

 

 

 

皆さまが体験した怖い話、不思議な話も

募集中でございます。

詳しくはTwitterのDMまでお願いします↓

https://mobile.twitter.com/kiiteminkai

 

 

 

【提供、ご協力】

 


『BGM提供』

バシヒデ様

http://Bashihideblog.com

 


open the case様

https://twitter.com/openthecase820?s=21

 

 

 

『撮影協力』

枡sara様

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23073727/

 


NFRSラジオ様

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn