なにわの怪談師 れんれんの怪談ブログ

オリジナルの怪談や都市伝説、不思議な話を発信していきます。

短編怪談 #85 「豹変する子供」

知り合いが体験したお話をしますね。

その知り合いを仮に木村さんとします。

木村さんは昔から子どもが苦手で

特に公共の場で騒ぐ子どもたちには

容赦なく怒鳴りつけていたそうです。

そんな日々を送っているものですから

ときどき怒鳴りつけた子どもの親と口論になったり

することもあるそうで、

警察が出動する事態にまでなったこともあるそうです。

そんな木村さんが最近になり

えらく子どもに怯えているようなのです。

わけを聞くと

自身の体験談を話してくれました。

ある日、デパートで買い物をしていたとき

木村さんはトイレに行きたくなり

トイレに向かうと、そこの前で

騒いでいる子ども2人がいたそうです。

男の子と女の子の2人組でおそらくは兄妹。

 


トイレに早く行きたい木村さんは

「どけオラ!!」と怒鳴りつけて

子どもを追い払い、トイレに駆け込みました。

用を足して出るとまた例の2人が

戻ってきてました。

木村さんはその光景を見るなり

「おらおら!あっち行け!」と言いました。

しかし今度は子どもの様子がおかしいのです。

2人は真顔でこちらに向かってきます。

木村さんはそれでもなお

「こら!近寄るな!」と怒鳴りつけました。

一切動じず木村さんの目の前まで

2人が来て木村さんの目をじっと見つめます。

 

すると突然、子供2人が白目を剥き

まるで鬼のように向かって来るのです。

ガガガガッと獣のような声をあげながら

物凄い力で木村さんの両手を押さえつけ、

そのまま地面にねじ伏せられました。

床がピキピキと割れ

そこに押しつけられて

木村さんの頬からは血が滲み出しました。

 


そのとき、コツコツとヒールで歩くような音が聞こえ

同時に子供たちはケロっとして

音のする方へ走っていきました。

「ママー!」という声が

朦朧とする意識の中聞こえます。

 


「大丈夫ですか!?」

今度は女性の声が…

ハッとなり目を開けると

そこには30代くらいの女性がいました。

 


「大丈夫ですか?聞こえますか?」

 


「はい、大丈夫です。あの…僕は…」

 


「子供たちから、おじさんが倒れているって聞いたもので、今店員さんに救急車呼んでもらってますのでもう少しお待ちください」

 


その後の記憶は曖昧だそうですが、

救急車が来るまでの間

例の子供たちはニコニコと

木村さんの周りを走り回っていたそうです。

 


その子供たちが異形の存在だったのか

それとも全ての子供には

そういった潜在的な何かが眠っているのか

以降木村さんは子供を見ると

距離を置くようになったそうです。

___________________________

 


なにわの怪談師 れんれんです。

 


怪談イベントに出演したり

YouTubeで動画上げたり

月一ラジオのパーソナリティをしたりしてます。

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn

 


今までの怪談を集めた電子書籍を

Amazonにて販売してます。

https://is.gd/JOWocg

 

 

 

睡眠BGM、作業用BGMにオススメな長尺動画

 


https://youtu.be/MiJvlU-3qPI

 


https://youtu.be/vUN-SEfAFKg

 


https://youtu.be/lGFoL8hRFXc

 


https://youtu.be/e6Yem5CsUK4

 


https://youtu.be/D4WKvV-TXk4

 

 

 

皆さまが体験した怖い話、不思議な話も

募集中でございます。

詳しくはTwitterのDMまでお願いします↓

https://mobile.twitter.com/kiiteminkai

 

 

 

【提供、ご協力】

 


『BGM提供』

バシヒデ様

http://Bashihideblog.com

 


open the case様

https://twitter.com/openthecase820?s=21

 

 

 

『撮影協力』

枡sara様

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23073727/

 


NFRSラジオ様

https://nfrs-osaka.wixsite.com/nfrs-ffn